30代女性のこころ

☆。.:*:・'゜婚活、英語、素適なお店など気ままに綴ります。☆。.:*:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

台風がもたらした素適な出会い

お疲れ様でございます。
今日の台風は大丈夫でしたでしょうか?

私は、最寄り駅に着いた途端、運転見合わせになり、
しばらく待ったところ、徐行運転での運転再開になったものの、
しばらくしたらまた途中駅で運転見合わせとなってしまいました。
しかも折り返し運転するというので、おろされてしまいました。
結局通勤に5時間くらいかかり、職場についた頃にはぐったり。。。

とはいえ本日はアポイントメントなどもなかったので、
お昼ご飯を購入しようと職場近くをぶらぶらしていたら、
美味しいパン屋さんとの出会いがありました。

見た目が可愛く、女性客でいっぱい。
並んでいるパンもどれも美味しそう☆
そして、世話好きさんが大好きだった小豆を使った
ミルクフランスが売られていたのでついついお買い上げ。

頂いてみるも期待を裏切らずにとっても美味しい。
本当に口福な一時でしたが、このパンをお持たせにしたら
とても喜んで下さったであろう世話好きさんとは、
もう一緒に食べられないのだなと思い少し切なくなりました。

途中の運転見合わせのために立ち往生していた駅も、
世話好きさんの職場近くの待ち合わせ場所に行くのに
利用した駅で少し感傷にふけってしまいまいした。

今でも、世話好きさんが心の底から大好き!
彼が日々笑顔で幸せに過ごしている事をこころから願っています。
そして私もまた笑顔でしあわせに、きらきらした日々を送るんです☆

二人の道が離れても、一度でも同じ道を歩んだ二人が、
違う道できらきら輝いていたら、とても素適なことだと思うんです♪

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/16 14:12 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

新しい風を感じています

何か素適な事が起きた訳でも、
これから予定している訳でもないのですが、
さわやかな風が私をとりまいているのを
何とはなしに感じています。

少しずつふつふつと力がみなぎり、
冬眠から目覚めたかのようです。

なんでしょう。
どうしたのでしょう。
なにかあるのでしょうか。

とても不思議な感覚なので、説明が難しいのですが
静かに着実に大きくて温かくてほっとできる何かに
近づいているように感じるのです。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/11 06:00 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

ご縁があるということ

ご縁ってとても不思議だと常日頃から思っています。

阿川佐和子さんの本に若い頃に沢山お見合いをし、
その時にお目にかかった人の多くの方と今になって
お仕事でご一緒する事があると書かれていたと記憶しています。

ご縁のある方って、今この瞬間だけをみると縁が切れたように感じても
長い目で見ると縁が続いている方ってあるように思います。

私の場合、友人や先輩がまさにそんな感じです。

学生の頃、就職活動のため、たった数時間ビジネスマナー講座を受け持って下さった
講師の方がいらしたのですが、そのたった数時間の出会いが
その後家族ぐるみでお付き合いする10年以上続くご縁となりました。

また、学生の頃行ったボランティア先の上司とも不思議なご縁でつながっており、
ボランティアを終了してしまったらもうご縁のない方だろうと思っていたら、
10数年たった今になって、とある組織のメンバーとして再会しました。

私が大切に思っている友人達とも本当に不思議なご縁で結ばれています。
彼らが入学してきた時、私は秘書としてある大学で働いており、
他の秘書さん達が構いたがっていたので
私は彼らとほとんど言葉を交わした事がありませんでした。
それでも、退職が決まった時に少し会話をしたのがきっかけで、
退職した後からご縁が深まり、数年たった今でも何かと連絡を取り合っています。
今は、彼女のためのウェディングベアー作りが楽しくて仕方ありません。

ご縁がある人とは、出会いがどのような形でも、また何年も連絡をとっていなくとも
いつの日にかまた出会える道が残されているものなんだと思います。

婚活が上手くいかないのは、
ご縁のある人と出会えていないからという理由もきっとあるのでしょうね。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/09/28 06:00 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

世話好きさんとのこと ~ お別れのお話しについて

先日投稿した記事を読んで下さった何人かの方からとても心優しいメッセージを頂きました。
私の拙い記事を読んで下さっているだけでもありがたいのに、
温かなメッセージを頂戴し、心から感謝申し上げます。
大げさなようですが、流血の止まらない、止め方のわからない患部に
そっと癒しの手をかざされたようで、思わず涙がこぼれました。
ブログを書いていて良かったです。
こんな温かな方々に囲まれて、私はなんて幸せな人間なんでしょうか。
皆様それぞれにお忙しいでしょうに、メッセージを下さり本当に本当にありがとうございました。
まだお返事ができていなくてごめんなさい。必ずお返事致します。



今日は、この間の記事では書けなかった世話好きさんとのお別れのお話しのことです。
実は、一通のメールで世話好きさんは私と別れたいと言ってきました。

- 突然なんだけど、別れたいのです。
- 理由は僕は結婚しないなと最近思うことが多くなったことです。
- 人に会うことも少なくなってきました。
- 子供が出来ればいいなと僕は思っているのですが、たぶん僕は子供が出来ないです。
- 突然でごめんなさい。

このメールが来るまでは一カ月ほど、
会ったり、電話をしたりする事が無くなっていましたが
2、3日に一回くらいは普通にたわいのない返信メールがきていました。
そっけなかったり、ちょっとテンションが高かったり。
そして、そっけなかったですが前日も。


昨日、職場の先輩と外出した時に大好きだった彼に振られてしまった事、
それもメールで一方的だった事をお話ししたところ、
「ずいぶんと非常識な人だね。」と一言。

昨夜は恩師?先輩?の快気お祝いを行っていたので、
その時にも彼との事は話題に出ました。

(恩師?先輩?)
 「私なら『バカバカバカ!』って即効返信するけど、
  Andrei3がまだ彼に未練があるなら貴女の下書きのようなメールじゃだめ。
  完全にお別れしちゃう。
  そうではなくて『落ち着いたらお電話下さい。』くらい入れないと、、、」

(別の先輩(世話好きさんと同じく経営者))
 「経営者はどんなに上手くいっているように見えても、
  たまにものすごく不安になる事があるものなの。
  私は貴方の付き合っていた人の事は知らないけど、
  同じ経営者という立場から見ると、彼には貴方のような人が必要だと思う。
  貴女はまだ彼の事が好きなんでしょ?
  会わずに手放して未練が残らない?
  婚活しても彼の事を忘れられないでしょ?
  会って話さないと駄目。」

とりあえず、まだこのメールに返信はしていません。
最初は、感謝の言葉と彼の幸せを願う言祝ぎ、子供は授かりものだからゆったり構えたらどう?と
返す予定でしたが、今はどうしようか悩んでいます。

世話好きさんの文面から、精神的に参っているのかなと思っています。
今思い返すと、急に電話がなくなりメールだけに切り替わった頃から、
彼の精神状態は不安定だったのかもしれません。
そして、もしかしたら彼の気持ちの振れ幅は人より少し大きいのかもしれません。
多少病的に。でもそれは彼のお仕事を思うと仕方のない事。
『人に会う事も少なくなってきた』のではなく、
人に会いたくない、
ひきこもりたい、
辛いんだという思いでいっぱいなのかもしれません。


少し話はそれますが、世話好きさんを見ていて
たまに脳裏をかすめる言葉がいくつかありました。

『わが行く道に茨多し されど生命の道は一つ この他に道なし この道を行く』(武者小路実篤)

『国の為 重きつとめを 果し得で 矢弾尽き果て 散るぞ悲しき
 仇討たで 野辺には朽ちじ 吾は又 七度生れて 矛を執らむぞ
 醜草(しこぐさ)の 島に蔓る 其の時の 皇国の行手 一途に思ふ』(栗林忠道

栗林忠道の句は散ってしまいますが、
世話好きさんは散る事も見据えながらも病院が発展するように
努力されている方ではないかと思っていました。
世話好きさんの人生は確実に人より険しく厳しい道。
自分が傷だらけになることも厭わずに何が何でも成功に導き、
成功した時の大きな達成感を糧にまた次のいばらの道を選び続けるんだと思います。
そしてそれを繰り返す事で、
世話好きさんの夢が一つずつ着実に実現されていく、、、


今は私の事を考えずに好きにしてもらい、
その間、私も婚活をするなど好きな事をし、
世話好きさんの環境と心が落ち着き私と向き合えるようになったら、
改めて一度お時間を貰って結論を出せたら良いのかなあと
今は勝手な事を考えたりしています。

とりあえず、母は激怒中。
「数か月付き合っていて自宅前まで送ってくれた時に
 私が玄関にいるのが見えているのに挨拶もできない、
 挨拶をしようともしない、
 今回のようなメールで別れようとするようないい加減な人とは縁を切ってしまいなさい!」と
ずっと大魔神化しており、そんな母を見て私の心が癒されています(笑)
そんな母にも感謝感謝です。

ジャンル : 日記
テーマ : 伝えたいこと

[ 2013/09/25 09:00 ] 出来事 | TB(0) | CM(4)

お茶事のお稽古

日曜日は月に一回、お茶のお稽古中に行うお茶事(茶懐石)の日でした。

私はご亭主を勤めさせて頂いたので、少し前から予習をし、
前日の夜には当日お出しする炊き合わせの準備を行いました。

私達のお稽古場では、お料理を持ち寄る事になっており、
亭主を勤める人は、炊き合わせがお当番です。
そのため、今回はエビとかぼちゃとインゲンを用意しました。

全てを一人で作るのは初めてでちょっとどきどきしましたが、
やれば意外となんとかなるものですね。
先生や母に感謝感謝と思ったひと時でした。

ちなみに、先生に薦められて購入した
『お茶事ができる懐石レシピ』小沢宗誠/著 小沢宗香/著 淡交社は、
とてもお勧めです!

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/09/23 06:00 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。