30代女性のこころ

☆。.:*:・'゜婚活、英語、素適なお店など気ままに綴ります。☆。.:*:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

知らないから話題にできる事;精神科救急病院

知らないから言える事、書ける事ってあると思うのですが、
私にとってのその一つが、精神科救急病院。
何かを調べていた時に偶然見つけて驚いた事があります。
確か前後して知人から、救急に精神疾患の方がいらっしゃる場合は、
同じ人が繰り返しかかるケースが多く、
オーバードーズやリストカットで運び込まれるので、
都度治療するけど根本的な解決にはならないと嘆かれた事があります。

昔、お仕事の関係で夜回り先生の講演とワークショップに
参加した事がありますが、夜回りで会う子供たちの多くが
非行、薬物依存、心の病、自殺の問題を抱えており
これらは子供自身問題というよりは
むしろ社会が抱える問題が力なき者たちに
しわ寄せされているのではないか、
力なき者たちに向き合う事で救える命があるのではないか、と
(昔の記憶なので正確なことは言えませんが、)
そのように話されていました。

救急医療は人間を突然に襲う外傷や感染症などの「急性病態」を扱う医療である
ウィキペディアより事を思えば、知人の嘆きは仕方ない事であり、
社会全体が取り組まなくてはならない問題なのだと思いました。

そういえば昨日調べ物をしていた時に元躁鬱病(双極性障害 英: bipolar disorder )の
方が書かれた閉鎖病棟に関するブログを見つけました。
昔、ロボトミー手術(昔行われていた、脳に外科的手術を行い精神疾患の治療とした代表的な手術)に
関する映画を見たこともありますが、
どちらにしても私程度では想像し得ない内容にとても驚きました。

まとまりもなく書き連ねてしまいましたが、私が詳しい事を知らないからこそ
話題にできるトピックスでした。
ほんの少しでも調べてみると、深刻な問題が山積みでぞっとします。
スポンサーサイト

ジャンル : その他
テーマ : ひとりごと

[ 2013/03/01 07:30 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。