30代女性のこころ

☆。.:*:・'゜婚活、英語、素適なお店など気ままに綴ります。☆。.:*:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

婚活~音信不通

遠距離の彼(ひ~さん)には、一年毎日最低1通メールを送っていました。
だいたい1往復で終わりですが、それが私の支えでもありました。

必ずお返事をくれていたので申し訳なくなり、
お礼と共に「無理しないでね」とメールをした後、
しばらくして返信が減っていきました。
少しして、私自身の環境の変化から気持ちに余裕がなくなり、
彼の返信の減少とかろうじて送られてきていた返信の内容から
不安な気持ちが募ってしまい。毎日送っていたメールを
2日に1回、3日に1回など減らしました。

以前ならメールをしないと翌日には彼から気遣いメールがきましたが、
それもこなくなりました。

お電話は事前に彼に電話しても良いか確認してから毎週末にしていましたが、
それも出来なくなり、「寂しいよ」とメールしたところ
1月に一回くらいお話しするという関係に。

会えない期間は3カ月ほど。
以前も同じような状況があったので、あまり心配もしていませんでしたが、
以前は落ち着いたら彼から会いたいと連絡が来たのに今回はありませんでした。

そんな中、久しぶりの電話で、最近の電車のラッシュに辟易してるとか
楽しい会話の後に、彼にメールの頻度を聞いたところ「考えてみる」との事。
「どうしたら嬉しいの?どうしたら心地よいかな?」と聞いてみるも
「お客さんが減ってくれたら・・・。」という彼。
「いやいや、それは私にはどうしようもないよ。減るのを祈る事しかできないよ。」と私。

「じゃあ、いつ会えるの?」と聞いたところ、「年内は難しい」。
「会いたいとは思ってくれないの?」と聞けば「会いたいけど帰省ラッシュが・・・」

もうどのように返したら良いかわからなくなり、すこし黙っていたら
「もうお風呂入っても良い?」と彼。

これが最後の会話となりました

これ以降、メールの返信すらなくなりました。
彼発のメールはそもそもありません。

謝りのメールを送ってみたり、
軽いメールを送ってみたり、
気遣いのメールを送ってみたりしましたが、ことごとく無視。

落ち込みました。
自分を責めてみました。
占い師 兼 カウンセラーさんにも相談してみました。

私が知る範囲で彼の状況をお話ししたところ、「忙しすぎるね」と一言。

そして
「彼がもし心から貴女が大切だったら、忙しいのは今に始まった事ではなさそうだし、
すぐにでも結婚の話が出たでしょうね。だって支えて欲しいでしょ?そばにいたいでしょ?」とも。

「君はどうしたいの?いつ、どのようになるかわからない彼に賭けたいの?それとも結婚したいの?」

私は結婚したい。
自分の家庭を築きたい。
それが私の夢。

彼の事は好き
今も連絡がなくて苦しいけれど、でも、私は自分の幸せを望んでいる。

世の中の男性は彼だけではない。
一生懸命人のために生きているのも彼だけではない。

「1年以内に結婚」
この目標を明確に、絶対に成功すると信じて先に進もう。
彼からの連絡を待ってしまう私もいるけど、でも一歩を踏み出さなきゃ、先には進めない。

頑張らなくちゃ。

気持ちがまだ不安定で、苦しくて余裕がないので文章もちょっと読みにくいかもしれません。
いつかまた春風が吹くと信じて、今はデトックスをさせてください。
スポンサーサイト

ジャンル : 恋愛
テーマ : 恋活・婚活

[ 2014/12/24 20:13 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。