30代女性のこころ

☆。.:*:・'゜婚活、英語、素適なお店など気ままに綴ります。☆。.:*:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

善き人とのであい

生きていれば数多の人との出会いがあると思います。
その出会いに意味を見出せるかどうかは自分次第ですが。。。

先日、電車に乗っていた時、隣に座っていた男性が
更に隣に座っている女性(熟睡中)の傘が床に落ちたのを見て
拾ってそうっと女性に戻して差し上げていました。
何てことはない、それだけの事でしたが、
多分赤の他人の二人。
ちょっとぶきようそうに傘を戻してあげている男性を見て、
こころがほっこり温かくなりました。

また、最近何かと身体の調子が悪く病院にかかる事が増えています。
お医者様も色々な性格の方がいらっしゃって面白いなーと
ついつい人間観察をしてしまっています。

質問しても一言だけしか答えて下さらない寡黙な先生、
患者さんの痛みの本質を知りたいからと診察時間が一人数十分以上の先生、
短時間でポイントだけを抑えて見て下さるので、
こちらもそのつもりでメモをとっておかないと後で指示を確認しようがない先生、
どの先生も診療科も病院も地域も老いも若きも、性別もてんでバラバラ。

どちらかというと痛みには強いほうですので、
怪我しても具合が悪くても、あまり病院にかかりません。
この程度でお医者様の手を煩わせるのはおこがましいといいますか、
申し訳ない気持ちになると言いますか、
どこの科にかかるのが良いか、どのお医者様にかかるのが良いか、
悩んでしまって結局、
一人静かに安静にしていようという結論に至ってしまうのです。。。
そして悪化した時に病院にかけこみ
「なぜに今更参った(怒)」というような事を言われる事が多数です。。。
そしてだいたい峠は越えています(苦笑)。

そんな私が久しぶりにいくつもの病院を掛け持ちして
いろいろな方に診て頂いて本当にありがたいやら、申し訳ないやら。
また先生方がとてもご熱心で、とても感謝しています。

電車の中でこころが和むような小さなご縁、
疲弊した身体を労って下さる方との大きなご縁、
ご縁の深さや大きさに関係なく、とても大切なもの。

善き人とのであいを大切に思い、自分もまた誰かの善き人でありたいと
そんな風に思っています。
スポンサーサイト

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/18 09:03 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。