30代女性のこころ

☆。.:*:・'゜婚活、英語、素適なお店など気ままに綴ります。☆。.:*:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悲しみ分散の法則

深い悲しみを負った時、それを早く癒すには
悲しみを分散させると良いそうです。

多くの人に、悲しみを話し共有してもらう事で
その傷の癒えは少し早くなるのだそうです。

そんな事を叔父にアドバイスされ、
とりあえず世話好きさんのことを話していた人たちに
振られちゃったと報告していました。

そんな日々を過ごしていたところ、
ちょうど世話好きさんと知り合った頃(半年前)に
離婚が成立した先輩から山歩きのお誘いを頂きました。

たまたまメールに書かれていた
日にちと曜日がちぐはぐだったので確認のためお電話し、
日程確認と振られちゃって傷心中、婚活再開なんて話していたら
「僕も独身になったから」と何度も言われ戸惑ってしまいました。

優秀な研究者として歩む予定が、
あと一歩というところで別の研究者に先を越されてしまい、
研究者の道を諦めた直後の離婚を乗り越えられた方です。

なんと返したら良いのかわからなくて
「私がアプローチしても良いんですか?」なんて聞いたら
「こなれ過ぎて面白くない」と言われ、
「どきどきしすぎて何を言ったら良いかわからないんですけど」と言えば
「そんなところは相変わらず初々しいね」と笑われ
「私は一途過ぎて面白みがないと思いますよ」と言えば
「わからないよー。そんなのは」と言われ
電話を切る直前に
「もう一度言うけど、僕も独身になったから」と言われました。

とりあえず今回は、婚活で知り合った方と
初めてお目にかかる予定なのでお断りしました。
またお誘い下さるようなので、気が向いたら連絡が来るでしょう。
いつもそんな感じなので。
私からも連絡するつもりでもありますし。

でも、そんな先輩と出会ったのは、
先日記載した『ご縁があるということ』に登場した
ビジネスマナー講座の講師の先生、
(母校の先輩でした。この出会い以降何かとご教授頂く恩師に)に誘われて
参加したボランティア先。

気がつけば早十年以上のご縁となります。

一緒にいた時間は短くても、何年も会っていなくても、なんとなく道がつながっている。
ご縁がある人って、結局こういうものなんですよね。

年とか、有名であるとか無いとか、バックボーンが一緒だとか、全く関係ないんです。
本当に袖触れ合う程度、一分一秒ずれていたら出会えなかった人とのご縁でも、
ご縁がある人との道はその一分一秒の奇跡でつながっているんだと思うんです。
偶然の必然とでも言うのでしょうか。
本当にとても不思議なんですけど。

本当に、あな、ありがたし。
大切にすべきは心優しき人とのご縁です。
スポンサーサイト

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/02 06:00 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。