30代女性のこころ

☆。.:*:・'゜婚活、英語、素適なお店など気ままに綴ります。☆。.:*:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おデートな事

先週の金曜日の事。
前日のお電話でスカイツリーに行こうと話していたのですが、
雨が降っていたら駄目だからと急きょ映画を見に行くことになりました。

待ち合わせは、大型ターミナル駅に19時。
ちょっと早めに着いたので、ぶらっとしようかと思っていたら
既についていた世話好きさんから「着いたよ」とのメールが。
いらっしゃる場所を確認し、青空市に向かいます。

以前、ここのマーケットで購入したどぶろくが欲しかったようですが
結局みつけられずに断念し、売り子さんに薦められた乳麺を購入していました。

(この時に手をつなぎたくなさそうにしてらしたので、私の心は気もそぞろ。。。)

お夕飯をどうしようかとお話ししながら歩いていると前方から後輩が!?
「お疲れ様」と声をかけて、そのまま別れます。
彼に「後輩なの」と説明すると、「僕と一緒でよかったの?」と質問されます。
「紹介すれば良かったね。」と後悔している事を伝えつつお夕飯のお話に戻ります。

お夕飯はたまに別の後輩と利用するお店に行く事にしたので元来た道を戻ります。
すると先ほどの後輩とまたすれ違います。。。
。。。が、色々考えている内に素通りしてしまいました。。。

そんなこんなでお夕飯をとって映画を見に行きます。
見たのはスタートレック。
世話好きさんのお母様がお好きで昔よくご覧になっていたのだそう。

この間は映画の間中手をつないでいましたが、今回は最初と最後だけ。
しょんぼりしつつ、とりあえずそっとしておきます。
後からさわさわされて指がこそばゆかったから、、、と言われましたが
それでもしょんぼりです。

映画が終わったのが23時30分頃。
お家に連絡していなかった事を気にして下さいましたが、無問題です。
そこからお家まで送って貰って24時30分頃帰宅。

翌日は朝早く夜は当直とおっしゃっていたのに長く拘束してしまいました。
お目にかかれて嬉しかったですが、消化不良?不完全燃焼?
なんだかもやもやしてしまったおデートでした。。。
スポンサーサイト

ジャンル : 恋愛
テーマ : デート♪

デートお疲れ様でした☆^^
私も付き合っていた頃、世話好きさんのような...もしかしたらそれ以上(?)に相手を不安にさせる態度をとってしまってたことがよくありました。
相手に非がある訳でもなく、スキンシップとかちょっとした会話が面倒になってしまって。
Andrei3さんの記事を見て、あの頃を反省...(笑)
そういう日は手も払ってしまうし、全然笑わないし、本当にただの感じ悪い人でした。
しかもなぜか、ディズニーシーだったり、沖縄旅行だったり、
ちょっと特別なデートの日にそういう態度になっちゃってたんで、
結婚が決まった時に、主人に「はむは俺のことそんなに好きじゃないのかもしれないけど...」
って言われて、「深い意味も無くて自分でもよく分からないの、ごめんなさい」って謝りました。
未だに自分でも理由がよく分かりません。理由もないような気がしてます。^^;
でも主人曰く、理由はちゃんとあるんだそうでして...
「普段できないワガママを俺にぶつけた結果があの態度だったんだな。
 つまりは俺ははむにとって唯一甘えられる相手ってことなんだろうな。」
とニヤリ顔で言われました。
何を言いたいのか分からなくなりましたが、世話好きさんもワガママしてみたかっただけかもしれませんよ。^^

はむ
[ 2013/08/27 14:05 ] [ 編集 ]
温かなコメントをありがとうございます
はむさん

お優しいコメントをありがとうございます。
心からのお気遣い深く胸に染みました。

世話好きさんも甘えてワガママを言って下さっているなら良いのですが。。。
最近、世話好きさんはたぶん本当に忙しくなり毎日していたお電話がなくなりましてそれもちょっとしょんぼり要因です。
また「辞める人の穴埋めのため来月半ばから6連直。自宅に帰れるのは週に一日だけになるので少し忙しくなるよ」宣言をされています。
1年も2年も続くお話ではないと思いますが、彼の心身も心配ですが、会えないのは寂しいなあ、お忙しいとお声もなかなか聞けなくなるかなあ寂しいなあ、どうなるのかなあと不安に思ってしまいます。
でも、彼が大切にしているお仕事なので大変な時こそ頑張って欲しいなあ、頑張っている彼が素適だなあと支えられる人になりたいなあと、相反して思っているのもまた事実です。

ふと、昔いた職場で秘書さんが立て続けに辞めて私一人残されて毎日が準備が終わっていない文化祭前夜のようだった時の事を思い出しました。
もし彼が同じような状況にいるとしたら少なくとも毎日のお電話やメール、ましてや時間を作って毎週おデートというのは心身ともに難しい事は想像に難くないなと思った次第です。

寂しさ、辛さ、不安な気持ちはブログで吐き出させて頂いて、彼の前では笑っていようと思います。

いつも温かいお気遣いを本当にありがとうございます。

Andrei3拝
[ 2013/08/28 08:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。