30代女性のこころ

☆。.:*:・'゜婚活、英語、素適なお店など気ままに綴ります。☆。.:*:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近の世話好きさん

こんにちは。
再び世話好きさんとの事です。
久しぶりに週末にデートする事になり、うきうきがとまりません。

うきうきといえば、先日世話好きさんと話していた時に
aikoの花火が好きだと聞いたのですが、
花火って知ってるけど、どんな歌だったかなと悩んでいたら
今度一緒に聞こうね、との事。
もちろんですタイ。

しか~し、気になる木ですよ。ここは。
という事でまずは歌詞を検索してみました。

!!!
え?
きっと何も考えずに好きな曲を教えてくれたんでしょうけど、
ちょっと期待しちゃって良いのかなあ?と
ちょっと悩んだ先週末の出来事です。


aikoの「花火」

眠りにつくかつかないか シーツの中の瞬間はいつも
あなたの事 考えてて
夢は夢で目が覚めればひどく悲しいものです
花火は今日もあがらない
胸ん中で何度も誓ってきた言葉がうわっと飛んでく
「1mmだって忘れない」と・・・
もやがかかった影のある形ないものに全て
あずけることは出来ない

三角の目をした羽ある天使が恋のしらせを聞いて
右腕に止まって目くばせをして
「疲れてるんならやめれば?」

夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
こんなに好きなんです 仕方ないんです
夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
涙を落として火を消した

そろったつま先くずれた砂山 かじったリンゴの跡に
残るものは思い出のかけら
少しつめたい風が足もとを通る頃は
笑い声たくさんあげたい

三角の耳した羽ある天使は恋のため息きいて
目を丸くしたあたしを指さし
「一度や二度は転んでみれば」

夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
たしかに好きなんです もどれないんです
夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
最後の残り火に手をふった

赤や緑の菊の花びら 指さして思う事は
ただ1つだけ そう1つだけど
「疲れてるんならやめれば・・・」
花火は消えない 涙も枯れない

夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
こんなに好きなんです しかたないんです
夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
涙を落として

夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
たしかに好きなんです もどれないんです
夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
最後の残り火に手をふった
夏の星座にぶらさがって


あまり深く考えていませんでしたが、
花火って恋心を忘れようとする歌なんですね。
読み方が浅いなあ自分と思った次第です。。。
スポンサーサイト

ジャンル : 恋愛
テーマ : ひとりごと

[ 2013/05/28 07:30 ] 婚活~世話好きさん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。