30代女性のこころ

☆。.:*:・'゜婚活、英語、素適なお店など気ままに綴ります。☆。.:*:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

好きな言葉について考察する

皆様、こんにちは。
先週恩師のお見舞い時に、好きな言葉について話す機会がありました。
皆さんは「好きな言葉、何か座右の銘をお持ちですか?」と
聞かれたらなんて答えますか?

私は昔から下記3つの内のどれかを答えていたのですが、
恩師に質問された時にどれか一つが欠けても私足り得ない事に
気が付きました。

・偶然が出会いを呼び出会いが人生を変える
・人生是勉強
・吾唯知足

というのは、
出会った人から何かを学び、
学んだ事を生かして自己を成長させ、
他人との比較ではなく自己との対話を継続し
憧れの人たちにほんの少しでも近づけるように
努力し続ける自分でありたいと願うからです。


、、、とブログに書くのにググっていたら、
まさに私の言わんとしている事を含有した教えが
老子の『道徳経』に書かれていました。

知人者智。自知者明。 『人を知る者は智なり、自ら知る者は明(めい)なり。』
勝人者有力。自勝者強。『人に勝つ者には力が有り、自らに勝つ者には強さ有り。』
知足者富。強行者有志。『足るを知る者は富み、強めて行なう者は志有り。』
不失其所者久。死而不亡者寿。『其の所を失わざる者は久し。死して而(しか)も亡びざる者は寿し。』

訳:他を知るものとは、知が有るものであり、自らを知るものとは、智が有るものである。
人に勝つ者は力がある者であるが、自分に勝つ者は強い者である。
足ることを知る者こそが富んでいるものであり、努めて行う者こそ志があると言える。
自己の本分をわきまえてそれを見失わない者こそ久しく行動を続けられ、
自己は死してもその魂が伝えられてゆく者こそ長い命の中に生きているものと言える。

「私欲にかられたときは、自己を反省し、心を虚ろにしなくてはならない。
 自己を知り、足ることを知り意思強固であってこそ「道」を得たといえるだろう。」


「山中の賊は破り易くとも、“心中の賊”は破り難し。」(王陽明)
スポンサーサイト

ジャンル : 恋愛
テーマ : ひとりごと

[ 2013/05/20 10:25 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。