30代女性のこころ

☆。.:*:・'゜婚活、英語、素適なお店など気ままに綴ります。☆。.:*:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

婚活(好意の出し方のバランス) ~ 「俺と仕事とどっちが大事?」

むかしむかしの出来事ですが、
タイトル通りの事をむかしのダーリンに言われた事があります。

数年前、多忙な会社にて自分のレベルより高い仕事を求められ
余裕なくひたすらトライ&エラーで業務と勉強に励む日々を過ごしていた時、
月に一回のダーリンとのデートでほっとしていました。

この程度だったらそれ程多忙ではないかもしれませんが、
だいたい朝7時~夜12時まで職場にいて、通勤は約1時間30分。
自宅には寝に帰るだけ。
当然、土日祝日もお仕事で常にお仕事の事で頭がいっぱい。
他の事に気持ちを割く余裕がありませんでした。

自分のできなさかげんへの悔しさと継続した極度の緊張状態により、
帰宅途中の電車の中や自宅で一人食事をしていると
知らず知らずのうちに溢れてくる涙に驚いた事が何度もありました。
自分の事で手いっぱいで、
まさかダーリンが寂しがっていたなんて夢にも思っていなかった日々。

ダーリンも法科大学院に通っていましたから
「彼は国試に向けた勉強で日々頑張っているから、私も頑張らなきゃ!」と
本気で思っていたのです。

色々あってもう無理だと思いダーリンと話し合った時に言われたのが、タイトル通りの言葉。
まさに、青天の霹靂です。

「普通は女性が言うものかもしれないけど、
 ずっと俺と仕事とどっちが大切なのか気になっていたよ。
 でも言わないできたでしょ。なんでダメなんだよ。」

彼も私も20代の時の事ですから、若かったんでしょうね。



近年はのんびりとした生活を送らせて頂いているので、
最近想いを寄せている多忙な世話好きさんの事が気になります。

私自身がのめりこむと一つの事しか見えなくなる質なので、
メールをして返信がなくても忙しいのかな?と
多少落ち込みつつも、あまり気にせずに済ませてしまいます。

「多忙じゃない、最近頑張ってないから頑張らないと。」と笑声で言うのですが、
明らかに努力している人。
私が重荷にならないように、
でもカレがほっとできるような何かをできるようになりたいなと、
折に触れて思います。

さっぱりしすぎても寂しいみたいですし、
かと言ってあまり構って構ってというのも重たいでしょうし、
塩梅って難しいですね。


ちなみに私は女子校の出身で、集まりがあると大抵男性役に徹します。
エスコートするのは当たり前、
皆を取りまとめるのは当たり前、
皆が嫌がる仕事をするのは当たり前、
スマートに振舞うのは当たり前、
後輩には私の背中を見て育って欲しい。

今、気になっている世話好きさんがしてくれること一つ一つが
私が普段気にかけてとる行動+αの動作で更に洗練されているので、
まがい物ではない彼の動きから
我が振り直そうと思えるのも彼に憧れる要素なのです。
スポンサーサイト

ジャンル : 恋愛
テーマ : 恋愛

[ 2013/05/19 07:30 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。