30代女性のこころ

☆。.:*:・'゜婚活、英語、素適なお店など気ままに綴ります。☆。.:*:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

善き人とのであい

生きていれば数多の人との出会いがあると思います。
その出会いに意味を見出せるかどうかは自分次第ですが。。。

先日、電車に乗っていた時、隣に座っていた男性が
更に隣に座っている女性(熟睡中)の傘が床に落ちたのを見て
拾ってそうっと女性に戻して差し上げていました。
何てことはない、それだけの事でしたが、
多分赤の他人の二人。
ちょっとぶきようそうに傘を戻してあげている男性を見て、
こころがほっこり温かくなりました。

また、最近何かと身体の調子が悪く病院にかかる事が増えています。
お医者様も色々な性格の方がいらっしゃって面白いなーと
ついつい人間観察をしてしまっています。

質問しても一言だけしか答えて下さらない寡黙な先生、
患者さんの痛みの本質を知りたいからと診察時間が一人数十分以上の先生、
短時間でポイントだけを抑えて見て下さるので、
こちらもそのつもりでメモをとっておかないと後で指示を確認しようがない先生、
どの先生も診療科も病院も地域も老いも若きも、性別もてんでバラバラ。

どちらかというと痛みには強いほうですので、
怪我しても具合が悪くても、あまり病院にかかりません。
この程度でお医者様の手を煩わせるのはおこがましいといいますか、
申し訳ない気持ちになると言いますか、
どこの科にかかるのが良いか、どのお医者様にかかるのが良いか、
悩んでしまって結局、
一人静かに安静にしていようという結論に至ってしまうのです。。。
そして悪化した時に病院にかけこみ
「なぜに今更参った(怒)」というような事を言われる事が多数です。。。
そしてだいたい峠は越えています(苦笑)。

そんな私が久しぶりにいくつもの病院を掛け持ちして
いろいろな方に診て頂いて本当にありがたいやら、申し訳ないやら。
また先生方がとてもご熱心で、とても感謝しています。

電車の中でこころが和むような小さなご縁、
疲弊した身体を労って下さる方との大きなご縁、
ご縁の深さや大きさに関係なく、とても大切なもの。

善き人とのであいを大切に思い、自分もまた誰かの善き人でありたいと
そんな風に思っています。
スポンサーサイト

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/18 09:03 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

すべてのことに意味がある

生きていると様々な経験をし、
辛い経験をすればなぜこんな思いをしなければいけないのか、
特に大好きだった人との別れを経験すると
なぜ出会ってしまったのだろうかと思ってしまうことも
あるかもしれません。

別れた直後はそのように感じても、
しばらくするとその人との出会いが必然であることに
気がつく時がきっとくるでしょう。

大好きな人と共に歩む道が用意されていなくても、
老若男女問わず、必要な時に必要な人が自然とそばに集まるように、
別れた人とのご縁もまた、
大きな流れの中で用意されていたように最近思うのです。

勝手な解釈かもしれませんが、
大きな衝撃を与えるもの(人だけでなく出来事に関しても)とのご縁ほど
自身の人生において大切な出会いだったと思う今日この頃です。

時機を見て、なぜそのように思ったのかいつか書けたら良いのですが。。。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/17 12:15 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

台風がもたらした素適な出会い

お疲れ様でございます。
今日の台風は大丈夫でしたでしょうか?

私は、最寄り駅に着いた途端、運転見合わせになり、
しばらく待ったところ、徐行運転での運転再開になったものの、
しばらくしたらまた途中駅で運転見合わせとなってしまいました。
しかも折り返し運転するというので、おろされてしまいました。
結局通勤に5時間くらいかかり、職場についた頃にはぐったり。。。

とはいえ本日はアポイントメントなどもなかったので、
お昼ご飯を購入しようと職場近くをぶらぶらしていたら、
美味しいパン屋さんとの出会いがありました。

見た目が可愛く、女性客でいっぱい。
並んでいるパンもどれも美味しそう☆
そして、世話好きさんが大好きだった小豆を使った
ミルクフランスが売られていたのでついついお買い上げ。

頂いてみるも期待を裏切らずにとっても美味しい。
本当に口福な一時でしたが、このパンをお持たせにしたら
とても喜んで下さったであろう世話好きさんとは、
もう一緒に食べられないのだなと思い少し切なくなりました。

途中の運転見合わせのために立ち往生していた駅も、
世話好きさんの職場近くの待ち合わせ場所に行くのに
利用した駅で少し感傷にふけってしまいまいした。

今でも、世話好きさんが心の底から大好き!
彼が日々笑顔で幸せに過ごしている事をこころから願っています。
そして私もまた笑顔でしあわせに、きらきらした日々を送るんです☆

二人の道が離れても、一度でも同じ道を歩んだ二人が、
違う道できらきら輝いていたら、とても素適なことだと思うんです♪

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/16 14:12 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

言の葉 -コトノハ- が己をつくる

おはようございます。
皆様は三連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は三連休中にお二人の方とお見合いをしました。
お二人ともスマートでクレバー、お立場やご出身、
プロフィールに書かれた文章から想像した通りの
落ち着いたとても素適な方々でした。

最初にお目にかかった方になぜ会って頂けたのか伺ったところ
私が書く文章のような世界観を持つ人に興味があったと
言って頂きました。

大変残念な事にお断りされてしまったのですが、
実は同じ理由からお見合いのお申込みを何件か頂戴しています。

そしてお見合いをしたもうお一方からはお見合い中の話題について、
何が貴女にそれらのトピックに関心を持たせたのかと、
たいそう不思議がられました。

ここに書いた内容をお話ししたりするので、
このブログの雰囲気とあまり変わりない、
現実世界の「私」がいます。

私を形成する一部ではありますが、
言の葉-コトノハ-が己をつくっているのだと再認識した
連休中のお見合いでした。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/15 09:17 ] 婚活 | TB(0) | CM(2)

しあわせなのです

最近、しあわせだなーと感じることがよくあります。
何か特別なことがあったわけでも、
婚活が上手くいっているわけでもないのですが、
なんとなくすべてが良い方向へ良い方向へ
動いているように感じる日々です。

何度も何度もくどいようですが、
世話好きさんとのことで本当に多くの方にご心配頂き、
励ましや温かい言葉をかけて頂き、
本当にどんなにありがたかった事でしょう。

世話好きさんとの事を投稿した時は、
予想していなかった方々からコメントをお寄せ頂き、
本当に嬉しく、
また皆様の温かなコメントをお寄せ頂くというご好意に
とても慰められました。

また、知人や友人達の世話好きさんへの怒りや慰め、
状況分析(笑)など、多くの方の温かなご対応も胸に響き、
本当に幸せ者だと感じる日々でした。

以前、世話好きさんに、
「関係がこじれてしまった相手にはどんどん話しかけて、
まったくしょうがない子だな~と思って貰ったらいいよ。」と
アドバイスされていた通りに行動していたら、
今ではその方との関係が良好になっており、
温かい言葉をかけて頂けるまでになり、
ささやかな言葉一つで幸せだなーと感じる日々でもあります。

また昨日書いたボランティアの活動も、
私がエコモードになってしまったがために頓挫していた案件が
ゆっくりと動き出し、私という小さな歯車を通じて、
大きな歯車も動き出そうとしています。

自分が大切にされている事、
自分が必要とされている事に気が付き、
自分で自分を大切にしまた大切に思って下さっている方々には感謝を
必要として下さっている方々にはほんの少しでもご助力を
させて頂きたいなと感じる日々です。

一つ一つの事柄は小さく、
また以前は上手くいかない事だらけでしたが、
「世話好きさん」がキーワードになって、
物事が動き出しているような気もしています。

全てのものには時宜がある
時宜にかなって美しい

「今」が上手くいかなくても、
「いつか」必ず時宜にかなう時がくる

自然とそう感じられる、しあわせな日々を送っています。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/12 06:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

新しい風を感じています

何か素適な事が起きた訳でも、
これから予定している訳でもないのですが、
さわやかな風が私をとりまいているのを
何とはなしに感じています。

少しずつふつふつと力がみなぎり、
冬眠から目覚めたかのようです。

なんでしょう。
どうしたのでしょう。
なにかあるのでしょうか。

とても不思議な感覚なので、説明が難しいのですが
静かに着実に大きくて温かくてほっとできる何かに
近づいているように感じるのです。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/11 06:00 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

人生の花を咲かせましょう

いろいろな事を考える日々ですが、
とりあえず今自分が置かれている状況で
綺麗に花を咲かせられるよう、
笑顔で丁寧に日々を生きたいと思っています。

婚活をしていると様々な人に出会い、刺激を受けます。
世の中にはいろいろな生き方をしている人がいて、
様々な考え方、正義があって、面白いですね。
ですがちょっと苦手なのは、
僕はこんなに頑張っているんです、
疲れているんです、とおっしゃる方。

お話しを伺っていると、確かに激務と思われますし
頑張っていらっしゃるのはわかるのですが、
「いえいえ、もっと頑張っておいでの方は沢山いらっしゃいますよ。」と
思ってしまってだめな私です。

たぶん私が世話好きさんを好きだったのは、
誰がどうみても過重労働なのに不平不満、疲れたという事を一切言わず、
いつも楽しそうに、大変なことほどしなければいけないことだからと
真摯に取り組んでいらした方だからだと気が付きました。
私が「人」を好きになるポイントに改めて気が付いた気がします。

世話好きさんといて狭まっていた私の世界には、
世話好きさんが昔を思い出すからと嫌がっていたので、
活動自体を少なくしていたボランティア活動があります。

この活動は「今の私」を形成する核となるものであり、
私の人生において意義深いものです。
私の大切なものを理解しようとして頂けなかったのは
ちょっと悲しいものだなあと今では思います。
そして、求められている役割を果たすため
再び注力しようと思っています。

ご縁を望む時、引き寄せの法則があると、ある本で読みました。
辛く落ち込んでいた時は、温かく、誠実な人とのご縁ばかり望んでいましたが、
今回気がついたポイントも自分が外せないポイントとしておこうと思います。
どんな人とのご縁を望むのか、自身を再度みつめ直さないと駄目ですね。。。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/10 09:03 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

萬里一條鉄(万里一条の鉄)

『萬里一條鉄(ばんりいちじょうのてつ)』

この時期に毎年お茶室にかけられるお軸の言葉で、
私の好きな言葉でもあります。
確か、東急電鉄の創始者である五島慶太氏も好まれたとか。。。

意味は以下の通りのようです。
 万里にわたって続いている一本の鉄。
 全てのものは、時々刻々と姿を変えるけれども、
 その実相は変わることなく過去・現在・未来を貫いて
 一本の筋のように連なっているという仏教の教え。
 一つのことに徹することが全てに通じるという意味なんだそうです。

このお軸がかかる頃になるとお茶の先生から
「何事も一度始めた事は堅い信念を持ち貫き通しなさい。」と
発破をかけられます。

また、このお軸の意味として
「心念を相続して不純物、雑念を混じえぬこと」という意味もあるそうです。

このお軸を見て毎年様々な事を思うのですが、今年は
「ただ純粋に世話好きさんの幸せを願ってしまうなあ。」と思った次第です。
とても幸せな恋でした☆

世話好きさんとのことは本当に多くの方にご心配頂き、
励まされ、元気づけられ、自分がいかに幸せな人間であるのか再認識致しました。

今はまだ、ふとある毎に彼の事を思い出し少し心は痛みますが、
多少の寂寥感と共に彼との事は良い思い出へと昇華しつつあります。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

つぼ

人それぞれ人やモノに好意を持つ時の「つぼ」があると思います。
自分が普段生活している中で気をつけている事が一緒とか
好みのものが似ているとか、、、
人によっては顔立ちとか?

以前伺った世話好きさんのお話では
体臭は人間の遺伝子に組み込まれた相性をみるセンサーなのだとか。
このセンサーが働くから、女の子は思春期を迎えると
「パパ、くさーい」と言うようになり、
父親を異性として見ないように制御されているのだそうです。
だから心地良いと感じる体臭を持っている人とは遺伝子レベルで
相性が良いのだそうです。


母から、私がなぜ世話好きさんを悪く思わないのか、
何がそんなに良かったのか、どうしてもわからないと言われ続けて(泣かれ続けて)います。


彼の香り、
話し方、
言葉の選び方、
彼がよく使った言葉(気持ちを込める、思いやりを持つ、優しく、品良く、など)、
声色、声のトーン、
ちょっとした仕草や表情、
考え方、
幅広い知識、
趣味嗜好、
センスの良いところ、
少年のように冒険心があり、びっくりするようなことを突然しちゃうところ、
運転している時の態度(人にやさしくよく車線を譲っているかと思えば、間に車が入らないように微妙にライト上向きだったり)やデート中の彼女(この時は私)への態度、
ご飯を食べる時は必ず隣に座りたがるような可愛いところ、
お店に一緒に行った時に店員さんがちょっとした事をしてくれたら必ず丁寧にお礼を言う姿勢、
強面なのに可愛いものが好きで、かと思えば浮世絵(春画)が好きなところ、
何でも知りたがるところ(普段は隠すような日常の事など)、
骨董品が好きで日常使いしちゃうところ、
(そのお皿を洗う時は絶対に手でそうっと扱わないと駄目とたしなめるのに
 バカラのグラスは強い子だから平気と言って雑に扱って欠けさせちゃって平気だったり)
色々こだわっているのにユニクロが好きだったり、
お箸はちょっと高級な割り箸で使い捨てにしていたり、
お安いものでも気に入ったモノは修理して大切に使っていたり、
お料理やお裁縫、日曜大工が得意で変なこだわりを持っていたり、
日曜大工するのに手術用の金づち?つかっていたり、
はたから見ると危険な投資家・でもリスクヘッジをきちんとしているところ、
常備薬、コンシーラー、ファンデーションを常に持ち歩いていたり(隈と顔色の悪さを隠すため)、
くだらない事で嘘をついちゃうところとか、
見栄っ張りの努力家で、努力しているところ・弱っているところは見せたくないと思っているところとか、
変なところで自己評価は低いのに、経営や審美眼には絶対の自信を持っているところ、
車が好きでスピード狂
(高速で何度か自爆事故をおこし、プレートが落ちていて警察に体に異常がないか心配されたり)、
それでも運転は上手、運転好き、
他者の後追いが嫌なところ、
子供を見る時の優しい目、
私が彼のお誕生日に差し上げたブルーローズをドライフラワーにしてリビングのシャンデリアに吊っておいてくれているところ、
夢を必ずかなえるためにたゆまぬ努力をしているところ、
毎日必ず5時30分に起き、どんなに具合が悪くても疲れていても
一日も休むことなく患者さんと向き合う、人である前に医師であるという姿勢、
品の良いもの、優しいものが好きでそうあろうと心がけていたり、
亡きご両親が大好きで、でもかまって貰えなかったのか心の中で泣いているように見えるそんな姿、
お姉さまを大切にしているところ、
「こまったもんだ」と言う穏やかな声、
「好きよ」と言ってくれた時の優しい声、
抱きしめてくれた時の優しい腕と温かさ、
気分がのらないとちょっと冷たくて、
ちょっと我儘だけど憎めない、、、枚挙に遑がありません。

だって、少しずつ知るほどに好きになって、本当に本当に大好きだった人ですから
嫌いなところを挙げてと言われたら逆に困ってしまいます。
嫌いなところではなく、困った人だと思うところを挙げてと言われれば
上述の中にも多分に含まれていますけど沢山あります。


なんでこんなに好きなのかわかりませんが、
今では穏やかに、彼の幸せをただただ願っています。

私の勝手な考えでは、彼と共に歩める(歩めた)お時間が短くとも
私の人生において彼との出会いは必然であり、
今の人生において出会わなければならない人の一人であったのだろうと確信しています。
彼と出会うために生まれてきたと思った時期もありました。


ですが、母は彼が大嫌い。
何を言ってもわかりあえません。

母が彼を嫌いになる理由もわかるような気になっていましたが、
自宅まで送ってくれた彼をちらっとしか見ていない母(それも過去に一回だけ)が
なぜそんなに彼を嫌うのか、私は嫌わないのか、その違いが昨夜ようやくわかりました。

たぶん期待するレベルが母と私とでは違い過ぎたのだと思います。

母は彼の態度が結婚を視野に入れたお付き合いをしている人にしては
疑問を感じる事が多々あったらしく、
本当に結婚を考えているのか、と常々思っていたようです。
よく当時を振り返り、裏社会の人かと思ったと怒られます。

一方で私は彼と付き合う事を決めた時に、
どんなリスクのあるお付き合いとなるかわからないけれども、
そのリスクをとってでも彼と一緒にいたい、彼を信じよう
そして何があっても自己責任であり、それを受け止めよう、
もし遊ばれてしまったとしても、
その時は私の見る目がなかったと笑いとばそうと思っていました。

このような考えをしている時点でよろしくなかったなあと今では思います。


世話好きさんのことだけでなく、
いろいろ相談にのってくれる大好きな叔父からは
「Andrei3ちゃん今回の事を内省してから婚活しないと同じ轍をまた踏むよ」と
注意を受けていましたが、これまでその理由がわからないでいました。
ですが、今回この記事を書いていてようやく気がつくことができました。


私が本当に望んでいたのは付き合いたい人に出会う事ではなく、
生涯を共にできるお相手と出会う事だったはず。

彼との二回目のデートの時、彼の口から将来の事もちらっと出ていましたので、
彼自身も将来を視野に入れたお付き合いを多少は望んでいたのだと思います。

ただ今回はそこまでいきつけなかった、
お互いにどこかでボタンを掛け違えてしまった。
もしくは、そういう運命だった。
結局彼とのご縁は「お付き合いまで」ということだったのかもしれません。


上述の彼の好きだった部分を読んで頂くとわかる通り、
彼は私に彼の負の部分を見せるのを嫌がり、
良い部分しか見せていないと言っていました。
そして、彼自身もまた私の負の部分を見るのはちょっと嫌そうでした。


現在婚活を続けており、
その中で何人かの方とメールのやり取りをしていますが、
世話好きさんが見ないようにしてきた私の負の部分、
私がその負の部分とどのように向き合い生きているのか、
その姿勢に興味を持ち、共感し、どういう生き方をしてきた人なのか
とても気になると言って下さる方がいらっしゃいます。

彼自身が私と同じように自分の負の部分と向き合い
生きてきたから気が付くし、気になるのだとおっしゃっています。


世話好きさんとメールのやりとりだけをしていた時、
正直なところあまりご縁がない方ではないかと思っていました。

それでも、世話好きさんの事を知れば知るほど、
大切にされればされる程、
彼の事が好きになり、溺れるように、
また依存するようになっていったように思います。


大好きなブロガーさんからは、
「恋愛って気持ちを入れた分だけ、それが抜けるのに時間も労力もかかるので、
なかなかうまくいかなかったからって、すぐ元気にはなれないと思いますよ。
じつは、いちばんいいのは、別の恋愛をすることなんですけどね(笑) 」と
言って頂き、まあその通りだなと思っています。


「私」という個はかわりませんが、
私が所持している「つぼ」は多様な面を持っています。

今度ご縁を結べるお相手には、
お互いに良い面も悪い面もある程度さらけ出せる、
また、労り、成長しあえることを予感させる
そんな「つぼ」をお持ちの、対等な関係を築ける方を望もうと思っています。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

[ 2013/10/08 13:36 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

優しい友人達へ感謝感謝

昔勤めていた職場で知り合った友人に
世話好きさんに振られちゃったと話したところ、
急きょ飲み会を開いてくれました。

さすがに会ってすぐに話せる内容でもなく、
二件目に友人の友人がしているバーに行った時に、
色々聞いてもらいました。

世話好きさんの人となりやお仕事内容、
どんな事に取り組んでいたかをお話ししたところ、
「Andrei3が悪いのではなく、本当に時間がない方なんだと思う。」と一言。

この友人は世話好きさんと同じ業界に身を置いているので、
彼がしていたお仕事を話したら、私にはわからなかった
世話好きさんがなぜそのようなお仕事をしていたのか、
いいえ、しなければいけなかったのかを教えてくれました。
ようは業界全体が抱える問題や
その問題に取り組まれている方々の状況など教えて貰いました。

「また、たぶんこの人は家庭や子供に憧れを強い憧れを持っていたけど、
 今抱えている問題がいつ片付くかわからない、
 それも月単位で片付けられるような状況ではなく年単位でかかるかもしれない、
 いつ終わるかわからない状況なんだと思う。
 それにこの人はたぶん家庭をもつことよりも仕事の方が大事な人なんでしょう。
 それでAndrei3からのメールを見て待たせられないとも思ったんじゃないかな。」
と言われました。

「聞いた話では、残念だけどこの人と結婚するのは大変だと思うよ。
 たぶん結婚しても本当にめったにお家には帰ってこないんじゃないかな。」

「でもやっぱり、Andrei3は魅力的な人だったってことだよ。
 そんなに素適な人と短くても素適な恋愛をしてきたんでしょ?
 自信を持って、また素適な人とのご縁を望んだら良いよ。」
と慰めてくれる事も忘れなかった友人。
優しい友人達に感謝感謝のある日の夜の出来事でした。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

許すということ

「情けは人のためならず」
たぶん、誰もが耳にした事のある言葉だと思います。

この言葉の意味を考える時、
「人に親切にするとその人のためにならない」という意味と
「人に親切にすると巡り巡って自分に幸が帰ってくるよ」という意味と
二通りがあったように思います。


この言葉は、人に「許せない」と思えるような何かをされた時、
それを「許す」ことと似ているように最近思っています。


”運のいい人がやっている「気持ちの整理術」”という本に
「”誰か”や”何か”を許すこと」というコラムがありました。

「許せない」気持ちは「悲しい」「辛い」という気持ちを生み
食事がのどを通らないなどの現実的被害と
苦しい状況に追いやられた事で受ける長い精神的苦痛を生みだす。
そんな辛い状況を改善してくれるのが「許す」ことだと書かれています。

「許す」事で、自身の辛い感情や苦しい状況から抜け出す事ができ、
自分の心に平安が訪れる。

よって「許す」という行為は、
相手のためでなく自分のための行為でもあるというのです。


以下は、私なりの考えですが、
「許せない」と思えるほどの何かをされ、辛さを味わい、
悲しみを味わったとしても、
その人の行為を受け止め、許す事で、自分の心が成長し、
「許せない」何かをなさった人よりも
人間的に魅力的な人となれるのではないかと思います。

また、同じような状況におかれた人に寄り添い、
その方を癒せる人になるのではないかと思います。

そして、私は「許せない」何かをしてしまう人ではなく
「許せる人」となりたいと考えています。


冒頭に戻りますが、
「情けは人のためならず」と
「許すはひとのためならず」は似ていると思いませんか?


マザーテレサのように万人を慈しみ、許し、
人のために生きることはできませんが、
少しでも自分がなりたい人になれたらいいなと思います。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/04 06:00 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

再度の婚活事始め ~お見合い日程調整中です☆~

皆様、おはようございます。
今日は元気いっぱいな記事です。
(世話好きさんは相変わらず音信不通ですが、、、)

少し前まで、
世話好きさんが恋しいな~、寂しいな~と事あるごとに思っていたのですが、
少しずつその気持ちを抑制できるようになってきました。

・・・といいますか、どちらかというと、
まったくしょうがない人だな~という気持ちの方が強いでしょうか。

これまで私が感じてきた世話好きさんを思い返してみるならば、
きっと今とっても忙しくて、
結婚とか色々めんどくさくなってしまっただけではないかと思うんですよね。
勝手な想像ですけど、、、

ですが、ある意味少年のような人なので、
私以外の何か別のものに夢中になっているのは間違いないと思います。

そんなカレ?(だって私は別れる事を了承してないですもの!)は、放置放置♪
話を聞くまでは元カレなんて言ってあげません(笑)

未練がましいのかなー、と思いつつ、
勝手にそんな風に考えて、こっちも勝手に婚活を頑張ろうと思います。

ある意味ラッキー?
カレがいながら、婚活しても良心は全く痛まないですし、
カレにとやかく言われる謂われもないですし、不誠実にもなりませんからね♪


さてさて、気持ちを新たにするために再開した婚活ですが、
もう何件かお見合い日程の調整が始まり、嬉しい次第です。

色々な方がいらっしゃるのですが、
世話好きさんと一緒に過ごして良くも悪くも磨かれてしまった感性で
お相手をよく見てこようと思います。

どんな方とご縁があるかわかりませんが、
とりあえずお相手も自分も、そして授かるであろう未来の我が子も
幸せになれる方とのご縁を願って婚活に励みます☆


- え?
- 「立ち直りが早くないでしょうか?」ですか?
- 婚活女性はタフでなければ望む幸せなんて手に入れられません。
- 踏まれても踏まれても立ち上がる麦のようでなくてはなりません。
- ですから、たかがちょっと大失恋をしたくらいではへこたれません。
- しかも私は女子高、女子大育ち。
- 男性なんていなくったって、大抵の事は自分でこなせるよう躾けられているんですわ(笑)
- ふふふ。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/03 06:00 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

悲しみ分散の法則

深い悲しみを負った時、それを早く癒すには
悲しみを分散させると良いそうです。

多くの人に、悲しみを話し共有してもらう事で
その傷の癒えは少し早くなるのだそうです。

そんな事を叔父にアドバイスされ、
とりあえず世話好きさんのことを話していた人たちに
振られちゃったと報告していました。

そんな日々を過ごしていたところ、
ちょうど世話好きさんと知り合った頃(半年前)に
離婚が成立した先輩から山歩きのお誘いを頂きました。

たまたまメールに書かれていた
日にちと曜日がちぐはぐだったので確認のためお電話し、
日程確認と振られちゃって傷心中、婚活再開なんて話していたら
「僕も独身になったから」と何度も言われ戸惑ってしまいました。

優秀な研究者として歩む予定が、
あと一歩というところで別の研究者に先を越されてしまい、
研究者の道を諦めた直後の離婚を乗り越えられた方です。

なんと返したら良いのかわからなくて
「私がアプローチしても良いんですか?」なんて聞いたら
「こなれ過ぎて面白くない」と言われ、
「どきどきしすぎて何を言ったら良いかわからないんですけど」と言えば
「そんなところは相変わらず初々しいね」と笑われ
「私は一途過ぎて面白みがないと思いますよ」と言えば
「わからないよー。そんなのは」と言われ
電話を切る直前に
「もう一度言うけど、僕も独身になったから」と言われました。

とりあえず今回は、婚活で知り合った方と
初めてお目にかかる予定なのでお断りしました。
またお誘い下さるようなので、気が向いたら連絡が来るでしょう。
いつもそんな感じなので。
私からも連絡するつもりでもありますし。

でも、そんな先輩と出会ったのは、
先日記載した『ご縁があるということ』に登場した
ビジネスマナー講座の講師の先生、
(母校の先輩でした。この出会い以降何かとご教授頂く恩師に)に誘われて
参加したボランティア先。

気がつけば早十年以上のご縁となります。

一緒にいた時間は短くても、何年も会っていなくても、なんとなく道がつながっている。
ご縁がある人って、結局こういうものなんですよね。

年とか、有名であるとか無いとか、バックボーンが一緒だとか、全く関係ないんです。
本当に袖触れ合う程度、一分一秒ずれていたら出会えなかった人とのご縁でも、
ご縁がある人との道はその一分一秒の奇跡でつながっているんだと思うんです。
偶然の必然とでも言うのでしょうか。
本当にとても不思議なんですけど。

本当に、あな、ありがたし。
大切にすべきは心優しき人とのご縁です。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/10/02 06:00 ] 婚活 | TB(0) | CM(0)

愛し愛しとなくこころ ~ かなしかなしとなくこころ

愛しいと書いてかなしいとよませると何かで読んだ事があります。
いとしすぎて想いがつのりすぎて、いとしいのではなく、
かなしくなるのだそうです。

これを読んだ時は、一人でお仕事に打ち込んでいるだけの日々だったので
そこまで人を愛せたら幸せだろうにと思ったものですが、
いざ自分がその立場になってみると、
身を焦がすような恋と言うのはとても心が痛いものですね。
それもお相手に想いを受け止めて頂けていないときは本当に悲しいものです。

セクハラを受けた事があります。
退職してセクハラ問題を解決した時に、
渦中で大変だった時にプライベートで何度か用事を頼まれていながら
お断り続けていた人に、実はセクハラ対応で大変だったと話した事があります。
私が笑って話していたからなのかわかりませんが、
その人からは「セクハラされるというのは女性として魅力的だという事。
女性として見られずに終わる人もいるんだから、
考えようによっては幸せな事よ。」と笑い飛ばされました。

逆に、私が笑い話にしている姿を見て、泣きながら
「貴女の笑っている姿が辛すぎる。」と慰められた事もあります。
泣けずにいた私には彼女の涙が宝石のようでした。
話を聞いてみれば、この方は大切なお友達がセクハラされ、
とても大変な目にあっているのをなんとかしたいと
一緒に奮闘したご経験がおありだったのだそうです。

同じように話をして、同じようにふるまっていても
受け手によって感じ方や反応の仕方がこうも違う。
それは、その人の経験やその時置かれている状況など
さまざまな要因がそうさせるのでしょう。

私がかなしい程に世話好きさんの事を好きになり、
大切に想ってきたように
他の人を好きになって同じように行動しても、
きっと今と同じような事になるとは限らない、
また、世話好きさんが今とは違う経験をしそこから
何かを汲み取り行動されるようになったなら
きっと今とは同じようにはならないのだろうな、
と、ふと思ったある日の朝の事でした。

経験、環境、立場が人を作る。
例え同じ人でも、一秒前の自分とは別人である。
そう思うのです。

そして、成長し続ける自分でありたいと改めて強く願います。


追記
ちなみに、世話好きさんにセクハラの相談をした時は、
- その人はAndrei3に恋をしてるんだね。
- 男はいくつになっても恋するものだから。
と笑われて終了。
そんな事でセクハラ?くらいに思われていたように思います。

別の仲良しな友人(男性)にも話したところ、
もの凄く心配されていたので、
立場によって違うのかな、、、と思っていましたが、
やっぱり世話好きさんは危険な人だったのかもしれません。。。

・・・ポクポクポク、チーン(笑)

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。