30代女性のこころ

☆。.:*:・'゜婚活、英語、素適なお店など気ままに綴ります。☆。.:*:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かぼちゃの切り方と指の傷

先日のデート中のある会話より。

先日恩師のところにお泊りした日。
滋養に良いかなとかぼちゃのスープを作ったのですが、
かぼちゃの皮をむく前に自分の皮膚をたくさんむいていました。

そんなお話しを世話好きさんにしたところ、
「かぼちゃを手に持ってむいたでしょ?
 まな板においてむかないと指をおとすよ。」
と諭されました。

さすがお料理上手さん。
腕に毛が無いのはお料理中の火で燃えたとか
意味のわからない事を言うだけあります。


- そういえば、この間趣味はお裁縫とか冗談で言ってました。
- 、、、が、世話好きさんの場合冗談に聞こえません。

- もはや何が普通かわかりませんが、
- センサーで開くゴミ箱のふたが自動で開かなくなったのを自分で修理したり、
- 建物の屋上に草が生えてひび割れが酷いのをセメントで修理したり
- (そのため、現在は美味しそうに日焼けしてこんがりきつね色です)
- 他にも何か驚くものを直していた気がしますが色々ありすぎて覚えていません。

- とりあえずなんでも修理、創作してしまう人。
- 「気に入ったものが無ければ作ればいいし、
-  気に行っていたものが壊れたら直せばいいでしょ?
-  小さいころからいろいろいじっていたら大抵のものは直せるでしょ。」
- が、持論のカレです。

- ソウデスネ。あまり普通はしないかもしれませんね。
- といいつつ、そう言えば父が勝手に屋根裏部屋をつくって母に怒られていたり、
- 母は染みが目立つ帯を作り帯に仕立て直したりしていたことを思いだし
- そんなものかなあと、変に納得した次第です。

- ちなみに椅子の修理の話を恩師にしたら、
- 丁度恩師のご主人さまも椅子の修理の真っ最中らしく、
- 生地を探していたとお話したら椅子用のゴブラン織りを分けて下さるお店を
- 紹介して下さる事に!?
- 、、、類は友を呼ぶ???チョットチガウカ。。。

- というか、椅子を修理するのが流行っているんでしょうか?


「うん。途中で気がついてそうしたよ。」
ごにょごにょごにょ。


更に目分量で自宅で作るように
もったいない精神でいろいろ入れてしまったところ
どうもお味が変。

かぼちゃのスープというよりタイとかベトナム風の
トムガーカイとかちょっとアジアンテイストなスープが出来上がりました。
かぼちゃのスープと思わなければ美味しいスープ。

そんなお話をしたところ、世話好きさんは何も言ってくれなくなりました。

分量を守るって大切ですね。
そういえば、かぼちゃのスープを作る時
こんなにけがした事無かったので理由を考えてみたところ、
普段は皮つきでふかしたあとに皮を取り除いていたのを思い出しました。

普段自宅で使っている調理器具が親戚から頂いた便利グッズだった事を
思いだした次第です。
ちなみに、恩師宅にはバーミックス(バーミキサー)がなかったので、
自宅で採れたかぼちゃとともに持参しました。


もちろん、世話好きさんのお宅にはバーミックス転がっています(笑)
我が家で不評な使用方法、ミキサー代わりに使用されてますけどね。
スポンサーサイト

ジャンル : 恋愛
テーマ : デート♪

おデートな事

先週の金曜日の事。
前日のお電話でスカイツリーに行こうと話していたのですが、
雨が降っていたら駄目だからと急きょ映画を見に行くことになりました。

待ち合わせは、大型ターミナル駅に19時。
ちょっと早めに着いたので、ぶらっとしようかと思っていたら
既についていた世話好きさんから「着いたよ」とのメールが。
いらっしゃる場所を確認し、青空市に向かいます。

以前、ここのマーケットで購入したどぶろくが欲しかったようですが
結局みつけられずに断念し、売り子さんに薦められた乳麺を購入していました。

(この時に手をつなぎたくなさそうにしてらしたので、私の心は気もそぞろ。。。)

お夕飯をどうしようかとお話ししながら歩いていると前方から後輩が!?
「お疲れ様」と声をかけて、そのまま別れます。
彼に「後輩なの」と説明すると、「僕と一緒でよかったの?」と質問されます。
「紹介すれば良かったね。」と後悔している事を伝えつつお夕飯のお話に戻ります。

お夕飯はたまに別の後輩と利用するお店に行く事にしたので元来た道を戻ります。
すると先ほどの後輩とまたすれ違います。。。
。。。が、色々考えている内に素通りしてしまいました。。。

そんなこんなでお夕飯をとって映画を見に行きます。
見たのはスタートレック。
世話好きさんのお母様がお好きで昔よくご覧になっていたのだそう。

この間は映画の間中手をつないでいましたが、今回は最初と最後だけ。
しょんぼりしつつ、とりあえずそっとしておきます。
後からさわさわされて指がこそばゆかったから、、、と言われましたが
それでもしょんぼりです。

映画が終わったのが23時30分頃。
お家に連絡していなかった事を気にして下さいましたが、無問題です。
そこからお家まで送って貰って24時30分頃帰宅。

翌日は朝早く夜は当直とおっしゃっていたのに長く拘束してしまいました。
お目にかかれて嬉しかったですが、消化不良?不完全燃焼?
なんだかもやもやしてしまったおデートでした。。。

ジャンル : 恋愛
テーマ : デート♪

近くにいるのに遠く感じた日

今日はマイナス思考大爆発な内容です。ごめんなさい。

先週の金曜日に世話好きさんと2週間ぶりにおデートしてきました。
多忙な中、お時間を作って下さいました。

この日は手をつなぐのがお嫌なご様子。
あたって痛いからと腕の無駄毛処理を禁止されて以来していないのですが、
やっぱり当るとのこと。
手をつないだり、離したり、様子を見てまたつないだり、、、
私がさわさわ指をなぜるのがこそばゆいから手をつなぐのが嫌と言われたり。
会話も少しぞんざいだったり、皮肉げだったり。

近くにいるのに世話好きさんが遠くに感じたしょんぼりしょんぼりな日でした。

今思えば、疲れがピークに達していて普段は我慢できる事も
この日は気に障ったのでしょうね。


とは言うものの、
私が好きなぶどうを家族へのお土産用に用意しておいて下さったり、
雨でスカイツリーは無理だからと映画の予約をしておいて下さったり、
細やかなお気遣いもして下さっていました。

しょんぼりする前に感謝できなかった、
いつのまにか我儘になっていた自分に嫌気がさします。


それでも普段は私のメールへの返信はお電話なのに
メールで返ってくる事が不安な気持ちを増幅させたり、
お電話で話していても楽しくなさそうなのが気になったり、
マイナス思考に捕らわれてしまう自分がいてさらに自己嫌悪。


とりあえず、やらなくてはいけない事も沢山ありましたが、
全て後回しにしていっぱい睡眠をとり元気を取り戻した今日。
くよくよしていても仕方ない!
前向きに明るい未来を思い描いて笑顔で穏やかに
彼がほっとできる時間作りを心がけようと気持ち新たに決心しました。

なんてったって世話好きさんは、痛んでしまったお花を育てるために
人一倍努力されている太陽であり、花咲かせお兄さまですから。
彼が疲れている時こそ、明るく穏やかでいないと駄目ですね。

ジャンル : 恋愛
テーマ : せつない。さびしい。恋しくて。

初お泊り☆

退院された恩師からお宅に招かれたので週末にお泊りしてきました。

しばらく一人暮らしをされるようなので、
来週ご主人様の元に行かれるまでのお料理を作っておこう、
一人の時が少しでも寂しくないようにと考えての事でした。

初のお泊りにわくわくしつつ、
退院直後の人へのメニューに頭を悩ませます。

暑い最中移動したので彼女にはシャワーを浴びて頂いて、
最初にバナナジュースを作り振舞います。
じきにお昼時刻になったのでお味噌汁、おこわ、サラダ、、、と昼食の準備。

お昼終了後は、相棒をみつつ私のお仕事を手伝って頂いて(苦笑)、
目処がついたところでお夕食の準備。

作るのは、ロールキャベツとかぼちゃのスープ。
世話好きさんに食べて頂いたお話をしたところ、
食べてみたいというリクエストをされたのでこのメニューです。

私がお料理をはじめて15分くらいは心配そうに
ぐるぐると衛星のように私の周りを回っていましたが、
しばらくてお昼寝して下さったのでほっとしました。

勝手知ったる他人のお家。自分のお家より快適です。
ただ、彼女のご主人様が包丁を丁寧に研いでおいて下さったので、
私の指の皮はあちらこちら削られました。

お夕食終了後しばらくのんびりしましたが、
お仕事が気になるので先ほどの続きに取り掛かります。
23時を回った時点でお仕事は強制終了。
雑談に花を咲かせ、1時にお互いに就寝しました。

翌朝
そもそも私の体調もあまり良くなかったので、
彼女が5時過ぎに起床している音を聞きつつまどろむ私。
結局、起きたのは6時過ぎでした。

おめざを頂きましたが目が覚めません。
二度寝をさせて頂いて10時頃に再度起き朝食を作ってお仕事をするも、
眠気がとびません。
今度は二人でお昼寝し、遅めの昼食を食べに行き、初お泊り会は終了しました。

目的は果たせたような果たせなかったような。
ただ、彼女のお家の冷蔵庫は私が作ったものでいっぱいになりました(笑)

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

[ 2013/08/20 11:38 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

慶事 ~ 祝・退院☆

8月15日(木)、恩師が無事退院致しました!

以前、記事にもさせて頂いたのですが、
半年ほど前、突然入院した当人より連絡が入りました。
原因は不明で血液内科に入院したとのこと。
元気印の代名詞になりそうな方だったのでとても驚きました。

このご連絡を頂いた日、頂いた瞬間は婚活で出会った方と
おデート予定で、待ち合わせ場所に向かっているお電車の中でした。
普段は、メールで済ませる彼女からの朝一番のお電話。
なんだか嫌な予感がしたので、お電車を降りてお電話をとりました。


  - この日のおデートは早めに切り上げさせて頂いたものの、
  - 恩師が倒れたから早めに出たいと言っていたのに
  - あまり気遣いが感じられないお相手で、
  - とても残念に思った事が懐かしく思い出されます。

  - 比較するのは良くないですが、これが世話好きさんだったなら、
  - 予定をすべてキャンセルし愛車で送ってくれた事でしょう。
  - むしろ待ち合わせ場所に行った私を怒ったのではないでしょうか。


原因が一向に判らず、ただただ体調が悪化していくのを
見守るしかできなかった数か月間はとても不安で心配な日々でした。
治療方法がみつからず、体調が悪化する日々。

本人が一番不安だろうと入院されてから4カ月ほどは
お仕事を終えた後や、休日の空いた時間などを利用して
最低毎週1回はお見舞いに行っていました。
職場から片道1時間30分、自宅から片道3時間の距離。


  - この間に世話好きさんと知り合いました。
  - 世話好きさんと初めてお目にかかった時に、
  - 彼女の病状をちらっと話し彼の見解を聞いて安心したのも
  - また良い思い出です。


最寄駅から病院までは少し距離があり、
遠くにそびえる山々の影に心の不安を投影し、
夜空に浮かぶ綺麗なお月さまに無事な退院をお願いしたものでした。
気がつけば分厚いコートが無くなり、
うめ、もも、さくらが次々と散り、雨のにおいが通り過ぎ、
病室から見える花火に感動する同室の方々の歓声を聞いたかと思えば、
そろそろコオロギが鳴き出しています。

彼女の病名がつき、治療方針が確立した頃から
世話好きさんとのお付き合いが始まり、
私自身が忙しくなってしまったり、体調を崩したりと
お見舞いに行く機会ががくんと減っていました。
彼女自身も外泊が許されるようになっていましたので、
お互いの予定が合わなかったことも理由の一つですが。。。

それが先週、退院できるかもしれないというメールを頂き、
その数日後に退院が決まったとの連絡。
退院日が決まってからの動きが早かったので
連絡を頂いた翌日にお見舞いに行ってきました。
その翌日はもう退院日でした。


  - 「もし~だったら」という仮定は人生においてありえませんが、
  - 彼女の入院がなければ世話好きさんとの関係が
  - どうなっていたかわかりません。
  - 彼女には婚活のお話しも世話好きさんのお話も、お仕事のお話も
  - 様々な事を相談にのって頂いていたからです。


彼女が退院しとても嬉しいのですが、密度濃く過ごしたあの日々が
懐かしく、また愛おしく思われるのもまた事実です。

とりあえず近々彼女の家に伺って、
日常生活の一助となるよう様子を見てくる予定です。
初めてのお宅訪問&お泊りはどうなるでしょう。
今からうきうき、どきどきしています。

恩師の未来が明るく健康で、且つ長く長く続く事を心から願って。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

[ 2013/08/16 07:30 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

実際より長く一緒にいるように感じます

世話好きさんとお付き合いを初めて2カ月が経ち、
感謝とともにその旨お伝えしたところ、
「まだそれだけしか経って無いの?」
「もっと長く一緒にいるように感じる。」
と不思議がられました。私も同感です。

毎日お目にかかっている訳でも、
困った事がたくさん起きている訳でもないですが、
実際の期間よりずっと長く一緒に過ごしたように感じます。

一緒にいられる機会が多いのか、また長いのかよくわかりません。
でも、お忙しい世話好きさんが
一生懸命お時間を割いて下さっている事だけはわかります。
その事に感謝し、これからの長い時を共にあれたらと願います。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

世話好きさんの思い出

世話好きさんとお話をしているとご両親のお話しがたまに出てきます。
以前はお母様のお話しが多かったので、お父様との折り合いが
あまり良くなかったのかしら?と心配していたのですが、
ここのところ、お父様のお話しも出てくるようになったので
少しホッとしています。

世話好きさんのご両親は昨年、一昨年と鬼籍に入られたと伺っています。
年齢に関係なく身近な方の死の辛さを推察しますと、
少しでも思い出を話して下さる事で心の整理になったり、
亡くなられた方の供養になったりするのかな、と思ったり
話して頂ける事に感謝しています。

そういえば、世話好きさんには優しいお姉さまもいらっしゃるようで、
お姉さまの事もよく話題に出ます。
この間、おデート中にお姉さまからお電話がかかってきていたので、
少し離れたら世話好きさんが近づいてきて、また私が少し離れて、
またまた世話好きさんが近寄ってきてとよくわからない追いかけっこを
二人でしていました。

最近の携帯は近くにいても相手のお声は聞こえないのでしょうか?

その時は、気がついたらお電話が終わった世話好きさんに捕まっていました。
いやいや、鬼ごっこじゃないから。
世話好きさんはお茶目です。ハイ。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

世話好きさんと漢文 - その2-

さてさて、帰り道での事。

往路はそこそこ混んでおりましたが、復路は空いておりスーイスイと進めます。
比例して話題もあちらこちらに飛んでいきますが、
中でも話していて印象的だったのは、アフリカの問題と漢文について。

アフリカの問題といっても男尊女卑やHIV/AIDSのこと。
話題をあちこちに飛ばせつつ、どうやって改善するか、どういう施策があるか等
とりとめもなくしていました。
詳細は省きますが、世話好きさんと私の情報が良い感じにお互いが
知らない知識を交換できたので話していてとても楽しかったです。

こういうお話ができて且つ、きちんと自分の考えを言って頂けると
話していて本当に楽しいですよね。


一方で、世話好きさんは漢文のお話しで満足したみたいでした。

というのは、世話好きさんは現国より漢文や古文が得意だったそうで、
未だに当時習った事を話の中で織り込まれたりします。
興味深いので「へ~!」って聞いたり、知っているものであれば、
「あーでもない、こーでもない。」と返すのですが、
彼からするとそれが面白いらしく
「この話題でキャッチボール出来る人は初めてやねんね」と
嬉しそうにしていらっしゃいました。

しか~し、何を隠そう私は漢文が苦手。
授業で習ったことは何一つ覚えていません。
お茶の関係で「少しでも知識を」という杵柄がある程度。
世話好きさんの博識さに改めて感服した次第です。

 - そう言えば、明日からお盆ですよね。
  親戚が集まると世話好きさんとしているようなお話しが
  自然と繰り広げられるのをふと思い出しました。
  昔から思うのですが、なんでご年配の方々はあんなに博識なんでしょうね。
  毎年、無知の知である自分が恥ずかしくなります。

世話好きさんを親戚と同類にするのは失礼なお話ですが、
一部話題の好みが似た人たちに囲まれているのかも知れないと
思った出来事でした。


 - そういえば、お疲れのカレにマッサージをしようと思っていたわけですが、
  カレ曰く「むしろ僕がしてあげないと」と言われて、実践せずに終わりました。
  アロママッサージのお教室に行ってからリベンジしようと思います!


途中、高速の降りる場所を間違えてしまったり、
カレのお家に置いておいた私の荷物を取りに寄ったらハプニングに巻き込まれたりで、
送り届けて頂いた時には翌日になっておりました。
カレはそこから帰宅し、更に色々作業をしていたそうで、
体力あるな~と思ったある日のおデートでした。

ジャンル : 恋愛
テーマ : デート♪

世話好きさんと漢文 - その1-

週末の世話好きさんとのおデート。
初めて私の作ったお料理を食べて頂きました。
以前書かせて頂いた通り、ロールキャベツとサンドイッチです。

彼の職場の最寄り駅に13時に待ち合わせするも、
気持ち早めに到着していた私は、近所に八百屋さんを見つけ巨峰を購入。
- 後ほど早めについていたことを知った世話好きさんから、
  今後は到着したら連絡するようにとお達しが。。。うーむ、スミマセン。

いつものごとく、出会ってからその日の予定を考えます。
今回は私がランチを用意していたので一度世話好きさんのお家へ。

リペア中の椅子が少しずつ修理されているのを見せてもらいつつランチの準備
 - クロワッサンのサンドイッチ、ロールキャベツ、巨峰、黒大奴、、、
準備を整え「いただきま~す。」!

世話好きさんの反応が気になります。
「うん。美味しいね。・・・というか、具沢山。」

そうでしょうか。
バター、クリームチーズ、レタス、アボガド、スモークサーモン
スクランブルエッグ、ピーマン、赤玉ねぎ、、、

本当はここにトマトやキュウリなど色々入れたかったのですが、
さすがに入りきらずに断念。

ロールキャベツも普段はトマトベースの具沢山スープを使うのですが、
夏の暑い盛りなので白ワインと鶏手羽お出汁を塩、コショウで整えます。

世話好きさんは挽肉料理はされないようなのでGood choiceだったようです。
また、それほど世話好きさんの好みから外れたお味ではなかったようなので
食べてくれている世話好きさんを見て安心致しました。

手前味噌ながら美味しくランチを頂いてしばらくのんびりした後は、
御殿場にかき氷を食べに行く事に。
以前からとらや工房にかき氷を食べに行きたかったのですよね。
既にこの時点で15時過ぎでしたが、間に合うかなーと言いながら高速を飛ばします。

突然ですが、私はドライブデートが大好きです。
混んでいても空いていても色々くだらないお話ができて楽しい。
実はこんなお話を挟んだのには理由がありまして、
渋滞に巻き込まれた時に絶妙なタイミングでカーラジオから
「ドライブデートって微妙じゃね?渋滞の時の沈黙うざいし~、、、」と。

世話好きさんと二人大爆笑。
「え?そうかな~。今丁度渋滞に巻き込まれてるけど楽しいよね~。」と
思わずハモる二人。
私は乗せて頂いている身なので文句があろうはずもありませんが、
世話好きさんも楽しそうにしています。
というか、今回だけでなくいつでも楽しそう。さすが車好き。

くだらない事を言いあいつつ一路御殿場を目指します。

はてさて、なんとか御殿場に到着。
高速から降りるときの世話好きさんの一言。
「地図を見なくてもなんとなく覚えてるからたどりつけると思うけど、
 右だと思う?左だと思う?」
「う~ん。左はアウトレットっぽいよ。スマホで地図見ようか?」
「大丈夫。感が大事!」
「そう?シックスセンス?じゃあ迷子になったら住所調べてナビに入れよう。」

変なこだわりを持つ世話好きさん。
面白いなー、たどり着けるのかな~と思いつつ様子を見ていると、
本当にたどり着きました。
これだから頭の良い人は、、、物覚えが良い!

とらや工房は「工房」と聞いて想像していたものと違い、
茅葺の門をくぐり短めの竹林を越えると
「茶寮」という言葉がぴったりな建物が見えてきます。
もちろんこの時点でテンションはウナギ登り!
氷という昔ながらの旗が風に揺られているのも、
池で子供が戯れているのも全てが良い感じです。

氷は抹茶の蜜がかかった氷あんみつを、
また私の家族のお土産にと梅もちと葛まんじゅうを買ってもらいました!
どちらも美味しかった~。ごちそうさまでした。

お目当ての氷も堪能し、さてどうしましょう。
せっかくなのでアウトレットに行く事にしました。
以前計画をしていながらおじゃんになった御殿場のアウトレット。
実際に行ってみると時間の関係か、渋滞もせずスルーっと中に入れます。
「珍しい♪」
世話好きさんが喜んでいます。

愛車のチョコちゃんを駐車場に止め、モールの中を散策します。

お目当てのものは、リペア用の生地。
カレが直しているお椅子は全部で6脚。
5脚分は生地が揃っているのですが、
後1脚分足りないのでそれを探しにきたのです。

とは言いつつも、色々なお店を見て回ります。
途中、カレ用の可愛いパンツをゲットできたのは僥倖でした。
見ていてびっくりするほど、とてもよく似合います。

更に素適な生地もゲットできました!
今回の目標を無事クリアし、続いてカレの好きなお店へ。

真剣にお洋服を探すも、普通すぎてカレには似合いません。
私の「面白くない~。」の一言ですべて却下。
だって、たぶん普通すぎて買ってもカレは着ないと思うんです。
着ないお洋服を購入してももったいないですよね?

そうこうしているうちに諦めたのか、「ちょっと待ってて」と一言いうなり
私のお洋服を探し始める世話好きさん。
素適なワンピースを選んでくださったのですが、値下がりしていても約5万円。
庶民な私にとってはとても高価な価格デス。
自分でも買うかどうか悩む金額なので、尚更甘えられず、
試着だけさせて頂いて丁重に辞退しました。
 - 今思えば、甘えたほうが可愛かったのかな~と悩ましい限りです。
  とりあえず、本人には帰宅後に思っていた事をお礼とともに
  メールしておきました。

その後は、私が見たかったお店に回って貰った後、
ずーっと探していたモノを見つけ購入し、
お夕飯を頂いて帰路につきました。

漢文については帰路の車中での出来事なのですが
長くなってしまったのでまたの機会に、、、
それでは皆様、ごきげんよう。

追伸☆
そういえば、カレの忘れてきた携帯を取りに行った時に
初めてカレの職場を見せて頂きました。
もちろん、私はお外で待っていましたが、
大切な職場を見せて頂いてちょっと嬉しかったデス。

ジャンル : 恋愛
テーマ : デート♪

おつきあいを始めて二カ月がたちました

最近お疲れの世話好きさん。
少しでも癒してさしあげたい、日頃の感謝を行動で示したいと考え、
次のおデートではランチを作りマッサージをしてみる事に決めました。

ランチと言ってもお手軽なロールキャベツとサンドイッチ。
マッサージも初めてなので、気持だけ込めようと思っています。
マッサージは、SABONのパチュリ・ラベンダー・バニラの
マッサージオイルを用いてゆっくりもみほぐそうと思っています。

喜んでもらえると信じて。

 - 今度アロママッサージを習いに行こうか検討中です。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

おつきあいを始めて二カ月がたちました

最近お疲れの世話好きさん。
少しでも癒してさしあげたい、日頃の感謝を行動で示したいと考え、
次のおデートではランチを作りマッサージをしてみる事に決めました。

ランチと言ってもお手軽なロールキャベツとサンドイッチ。
マッサージも初めてなので、気持だけ込めようと思っています。
マッサージは、SABONのパチュリ・ラベンダー・バニラの
マッサージオイルを用いてゆっくりもみほぐそうと思っています。

喜んでもらえると信じて。

 - 今度アロママッサージを習いに行こうか検討中です。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

不思議な事

世話好きさんといると面白いというか
世話好きさんて変わっているなーと思う事がよくあります。
男性が普通にたしなむ事だったら、私の知識不足、と笑ってやってください。

最近の不思議出来事は、ネイルの話をしていた時の事。
私はあまりネイルはしません。
好きなのですが、たまにするお料理の時は絶対につけていたくないですし、
お茶のお稽古の時は言語道断ですし、
少しでもハゲはじめると塗りなおしたくなるのでメンテナンスが面倒なので苦手です。
- 女子力低いと上司に言われる所以ですね(苦笑)

つけるのは、手の場合はベビーピンクの薄い色をさっと一塗り、
足の場合サイズの合わない靴のせいで死んでしまった足の爪隠しのための
薄いピンクにも薄い紫にもみえるようなベージュのような色の
ラメ入りのペティギュアを常用といったところです。

とはいっても、本当は手の爪を磨くのが好き。
指本来の桜色の爪は何物にも代えがたい輝きを持っていると思います。
最近は面倒でしていないのですが、一時とてもはまっていました。

そんなお話を世話好きさんに熱く語った事があるのですが、
どうも昔、カレも爪磨きをしていた時期があるとの事。
うーむ、さすが世話好きさん。侮れません。
「不思議な事」というタイトルにしましたが、変に納得させられました。

ちなみにカレは「先生、マニキュアしてるの?」とスタッフさんに聞かれること
数回を経験した後は磨くのをやめてしまったそうです。。。残念。

 ・・・今度、彼の指を磨いちゃおうかな・・・。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

優しいお顔?

2週間か3週間くらい前から世話好きさんに言われる事があります。
「優しい顔になってきたね。」と嬉しそうに一言。

 - 「僕好みに変えてしまってごめんね。」とも
 - いえいえ、貴方好みになれるなら本望です

きついお化粧より優しい雰囲気がお好きなようで、
お化粧直しをしていると、そばでじっと見ていて
気になる部分はカレ自らお化粧を直してくれます。
今度お化粧を覚えようか検討しているようです。

 - お化粧直しにしても他の事にしても、本来は陰でするような事も
 - 目の前でして欲しいんだそうです。
 - 全てを見せあえるのが良いとかなんとか・・・。むにゃむにゃ。
 - 恥ずかしくないのかなーって思う事があります。職業柄なのでしょうか。

彼の直してくれた部分を覚えてそれにならったお化粧をしてきたのですが、
たぶん要因はそれだけではなく、
世話好きさんといられる癒される幸せなひと時に影響されているものと考えています。

上司から最近雰囲気が柔らかくなったねーと
世話好きさんと付き合い始めた頃に言われたりもしました。

自身を振り返ってみても、疲れているとき弱っているときは特に
きつい表情をして怖そうな人より優しそうな人を望んでいたかもしれません。
表情を含め、気持も優しくありたいと思った出来事です。

 - ただ世話好きさんは、どちらかというと強面さんかもしれません。
 - お洋服もどちらかというと個性的なものが似合うタイプです。
 - 本人もしょげていましたが、さわやか系はあまり似合わないかも・・・。

婚活中の時や、大切な人と一緒にいるときは、いつもの倍、
表情や気持ちの持ちようを気をつけた方が良いのかなと思いました。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

ある日の平日おデート

先週からのお約束でしたが、
世話好きさんが忙しそうにされていたので
今回はリスケかなと思っていた初の映画デート。
「映画デートする!」と言って下さった彼の好意に甘えて
ローンレンジャーを見てきました。

内容は是非皆様にご確認頂くとして(笑)、
世話好きさんとのおデートですから、私は何をしていてもハッピーなわけで、
ご多分に漏れず幸せなひと時を過ごさせて頂きました。


お仕事後に大型ターミナル駅で待ち合わせし、
映画開始までの1時間で秘書時代に上司のお夜食としてよくお世話になったお店に
とんかつを食べに行きました。

久しぶりで少し不安でしたが、老舗のあのお味は変わりませんでした。
世話好きさんも気になっていたお店とのことで喜んで下さったようです。
良かった、良かった。

映画はとてもすいていて、のんびりと見ることができました。
疲れていた私は途中で寝てしまう事を危惧していましたが、
そのような事も無く楽しむことができました。

映画の後は、そのまま駅で別れるかと思いきや
車でいらしていた(!?)世話好きさんが自宅まで送って下さいました。
遠回りなのに、本当にすみません。

この日、世話好きさんはとても疲れているご様子でしたので、
最寄駅で大丈夫ともお話したのですが、軽くスルーされてしまいました。

一週間?二週間ぶりに彼の元に戻ってきた愛車のチョコちゃん。
相変わらずスマートな走りです。
カーラジオからは、懐かしの THE YELLOW MONKEY のバラ色の日々が流れています。
気づけば二人で熱唱。楽しかったです。

楽しいお時間はあっという間に過ぎ、我が家へ到着。

次にお目にかかれるのは今週の土曜日とのこと。
大分お疲れ気味の世話好きさん。彼の体調が気になります。
次のおデートでは、彼を癒して差し上げたいと思案中です。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

会えないときは寂しいものです

彼が忙しくて会えない週末は大抵お仕事をしています。
会えなくて寂しいのをまぎらわす意味と
頑張ってる彼のように自分も頑張ろうと思うからなのですが、最近疲れてしまいました。
自分で選んだ道ですが、いつまで頑張ろうか、どこまで頑張ろうか悩んでいます。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

育ちを感じるとき

多かれ少なかれ誰しも人と交流しながら生きていると思うのですが、
話している人に対し、
この人はきちんと育てられた人だと感じることはありませんか?

人それぞれ見ている部分は違うと思うのですが、
本当に些細なことですが、
きちんと挨拶ができる、
ささやかな事にもお礼を言える、
とても前向きで人を評価するのが苦手、
という身近にいる方を見て、
大切に育てられた方なのだろうなと思いました。

身近にいるちょっと苦手な方々が
ちょうど正反対で悩んでいるので、
なおさら気になったのかもしれません。

人のことをとやかく言ってしまう自身を振り返り
恥ずかしくなった出来事でもあります。

ジャンル : 日記
テーマ : ひとりごと

[ 2013/08/03 23:04 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

ごめんね。疑ってはいなかったけど重要視もしていなかったの。

手帳をチェックしていて気がついたのですが、
7月は世話好きさんと毎週会っていたようです(汗)
途中2週間くらい会っていない気になっていたので衝撃の事実です。

そういえば年齢的に乳がん検診を受けたほうが良いのかなと思い、
彼にそんな話題を振ったところ「昔、検診してたよ。」と衝撃の一言が。
「え?!」と驚いているうちに、彼の手がさわさわ。
「うん。大丈夫。」

彼の職業を聞いて忙しそうだと思い心身の健康を心配することはあっても
特段重要視もしていなかったので驚きました。
自分とは異なる業界や職業への関心から色々尋ねることはありましたけど、
どこが現実離れしていました。。。

風邪をひいて寝込んでいた時も、下手に薬を飲めないので
真冬のパジャマを取り出してひたすら寝るだけ。
彼には夏風邪ひいちゃった(苦笑)というメールはしたものの、
39度の熱を出して会社も休んで寝込んでるとか言っていなかったので
「平気そうなメールだったのに。。。」と後からとても驚かれました。

少しは頼った方が良かったのかも、、、と思う事がありつつも、
彼を取り巻く全てが彼を形作っていると思って特別視していませんでしたが、
ふとした時に「あぁ、そうだった。」と思い知らされます。

職業にしても学歴にしても、
いわゆるブランドとなりえる人たちの凄いと思うところは、
私のような凡人とは違い継続して努力されており、
何においても規格外なところでしょうか。

規格外な彼の横にいるのがこんな私でいいのかと
怖くなることがたまにありますが、
今一緒に笑っていられる幸運に感謝して日々生活しています。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。

相手が私の鏡なら・・・

人と接するとき、相手は自分の鏡であると耳にすることがあります。
あまり好きな言い方ではありませんが、
周りにいる友人や恋人のレベルや態度の事を指すようです。

私の周りには本当に色々な方々がいて、
上司に言わせると一部ブランド志向と言われてしまう方々もいるのですが、
その人の肩書きを聞いてからつきあうわけではないので
ブランド志向と聞くたびにいらっとします。

また、賢い方ほど一緒にいる人の目的や人間性を注意深く観察し、
その後深く付き合うか表面的な付き合いにするか見極めているように思います。
もし私がブランド(肩書き)でつきあう相手を選んでいるのだとしたら、
友人の多くは離れているのではないかと考え自分を慰めたりもします。
自分の程度は自分が一番よくわかっていますので・・・

世話好きさんについてもそう。
彼の肩書きや背負っているものを詳しくは知らずに出会い、
多少話を聞いて住む世界が違いすぎると諦めかけた最初のデートから4カ月、
あと少しで付き合い始めて2か月が経ちます。

「僕のお仕事は接客業デス!サービス業デスカラ!」と豪語する彼。
一緒にいると、彼の細かな心配りの上での行動に驚かされます。
そして、彼の優しさに感謝する毎日です。

彼も私の鏡なら、私も彼に優しくできているのでしょうか。
感謝するたびに、彼が安らげる存在になりたいと思っています。

周りにいる方々が正しく私の鏡なら、更に自分を磨き、
彼らに相応しい自分であるように努力しようと決意を新たにした
8月1日の朝です。

ジャンル : 恋愛
テーマ : 大切な人。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。